家賃を下げて決まらない。リフォーム代もない。そんなときは?
質問者:匿名希望の管理会社です。
2017年5月16日 16:27
Q.
築年が古く、なかなか決まらない物件です。
トイレは和式で共同。風呂も共同。
大学が近く、これまでは学生さんが住んでくれ
ましたが、いまどき人気がなく大苦戦してます。
しかし、大家さんは建て替えやリフォームには、
難色を示してます。既に家賃を1万円台まで下げた
ので、家賃収入があまりにも少なく、追加投資の
予算がないのです。
なにか良い手はないでしょうか?
街中からは離れた物件で、社会人はなかなか
入居が出来ない物件です。
A.みなさんからの回答

賃貸だけでなく別の観点でも検討してみては。

弊社の周りでも、大学誘致の時期に、一般的には賃貸環境の良くない場所に建築された築古のアパートが多いです。 中には同じような状況に陥っているオーナー様のいらっしゃいます。 書かれている状況を聞くと賃貸物件として打つ手はなかなか良い手が出にくいと思いますが、その場合選択肢の一つとして売却も視野に入れてご提案しています。 そこまでの築古であれば残債も無いでしょうし、現在は不動産市況が良いので多少不便な場所でも建売業者が買い取る例も増えています。 解体費用が捻出できなければ値引きして現況渡しでも良いかと。 入居者がまだ多い場合、収益物件として売却すれば、新しい資金力のあるオーナー様にリフォームして再生してもらうのも考え方の一つかと思います。

回答者:前場 俊輔
2017年6月14日 11:32

回答する

投稿機能は日管協会員に限ります。

*必須

回答タイトル*
回答内容*
氏名*
メールアドレス*(ホームページへの掲載はされません)
社名
地域(都道府県)
イメージ画像アップロード

画像が大きい場合は、アップロード時に自動的にリサイズされます。画像のデータサイズが大きいとアップロードできないことがあります。

質問投稿内容確認

氏名

メールアドレス

会社名

地域(都道府県)

質問タイトル

質問内容

イメージ画像