契約開始日と実際の入居日の間隔が空く場合のカビの予防方法は
質問者:
Oct.31.10
Q.
 契約後の日割り家賃が発生している状態で、借主が実際入居しようとしたら壁にカビが生えていました。入居日が契約より後になる場合に見られるクレームで、特に梅雨時に多いようです。内装業者に依頼し、家主負担で壁クロスを張り替えましたが、未然に防ぐ方法はあるのでしょうか。
A.
 入居前に室内点検を徹底するしかなく、実務的には難しい問題です。空室にも維持管理が必要だとして有料で通風や清掃を行っている会社もあるようです。長期空室になった物件の管理は大きな課題だと思います。なお、賃貸期間が開始された後、入居前にカビが発生したのであれば、借主の管理に問題があるとも考えられ、家主の責任ではない可能性が高いです。