引渡し後に見つけた傷や汚れ、借主に補修を要求されたら対応すべきでしょうか
質問者:
Oct.23.10
Q.
 部屋を借主に引渡した際、床にあったわずかなキズやクロスの汚れについて、借主に再補修を要求されました。どう対応すればよいでしょうか。
A.
 リフォーム業者の手抜きが原因であれば業者負担で再補修させます。その必要のない程度の(フローリング等の軽度な)キズについては、入居時にそのキズがついていたことを確認する旨の書類をつくり、退去時の費用負担が借主に及ばないようにするとよいでしょう。デジタルカメラ等を駆使してきめ細かな管理をしている会社もあります。後々紛争の原因とならないようにしておくことが大切です。