ペット不可の契約違反を侵した入居者に退去通知を出しましたが退去の気配がありません
質問者:
Oct.31.10
Q.
 文書にて飼育禁止を通達しても無視して犬の飼育を続けている借主に、契約違反である旨を再度通達して退去を求めました。しかし、退去の気配がありません。
A.
 「ペット飼育」を続けていたことで明け渡しが認められた判例もあるようですが、一般的に、退去してもらうまでは大変です。犬であれば臭気や鳴き声で近隣に迷惑がかかっているかもしれませんから、その場合は借主や保証人に迷惑の度合い等をよく説明し、理解してもらう必要があると思います。どうしても分かってもらえないときは、弁護士に相談し、明け渡し訴訟を進めるしかないでしょう。
 なお、見て見ぬ振りをすると黙示の承諾があったことになりかねませんので注意が必要です。