法人契約で法人から解約の連絡がきたが、入居者には退去の意思はないようです
質問者:
Oct.23.10
Q.
 法人契約をしていた物件で、「現入居者を解雇するので契約を解除したい」とのファックスが法人から届きました。当社が入居者に退去を求めたところ、入居者には退去の意思がありません。家主は契約の解除を強く希望しています。
A.
 法人(借主)と入居者間のトラブルにより入居者が居座るケースがしばしばみられますが、契約当事者は法人なので、法人の責任で退去を進めるよう要求するべきです。仮に入居者が退去せず、家主と法人が契約を解除した場合、それは貸主と借主の合意解約に該当するため、転借人である入居者に対しては解除の効果を主張できませんから、家主と入居者との直接の契約に変更されます。ただし、法人と入居者との契約が社宅等の使用賃借契約である場合は、目的の終了により、入居者に対して退去を請求することができます。