メンテナンスに消極的なオーナーを説得させる方法はありますか
質問者:
Jul.19.7
Q.
管理物件でのメンテナンス業務にはいずれのオーナーも消極的です。どのように説明したら理解を得られますか。アドバイスが欲しい。
A.
建物の保全・維持管理は、問題が起きてから行うのではなく、問題が起きないよう、予め適切な処置を施すことが必要です。これを予防保全といい、建物の維持管理は事後的対応ではなく予防保全が重要なのです。一見すると、寿命があるうちに処置する予防保全は不経済と思われがちですが、突然の事故などのリスクや失費を考えれば、長期的には経済的にもなります。