抵当権の重説を行うと入居者から不安の声が…この場合の対応は
質問者:
Sep.23.9
Q.
 重要事項説明で抵当権が設定されている旨を説明すると、「家主はローンをしっかり返済できるのだろうか」と不安がる入居希望者がいます。家主の資産状況を調べるのは、現実的ではありません。対応が難しいです。
A.
 大丈夫でしょうとか、滅多にあることじゃありませんよ等、憶測で軽々しく答えないよう注意すべきです。多くの物件で事情は同じである旨を説明したうえで、日管協モデル賃貸借契約書にある敷金保護のための条文を利用してはいかがでしょうか。