敷金で修繕費がまかなえないことによるトラブルが最近増えています
質問者:
Jul.18.7
Q.
 退去時の修繕費が高額になっており、また、敷金が低額化する傾向にあるため、敷金の範囲では修繕できないことがあります。不足金を請求しても支払ってもらえないことが多くなってきているのに、家主はなかなか負担してくれません。どうしたらよいでしょうか。
A.
 故意・過失や用法違反、善管注意義務違反等が明らかなものは借主に請求すべきですが、経年変化や自然損耗による修繕費は家主の負担です。国土交通省の原状回復ガイドラインの考え方等を家主によく説明する必要があると思います。