前の管理会社が借主の敷金を私用に使い込んでいました
質問者:
Sep.23.9
Q.
 違う管理会社が管理していた物件の管理委託を受けたところ、その会社は敷金を家主に渡していなかったのに家主名義で預り証を発行し、経営悪化で敷金を使い込んでいました。私文書偽造が立証できるかあやふやだったので訴訟はせず、負担は家主が負いました。
 困ったケースだと思いますが、こういう物件の管理は受けない方がいいのでしょうか。
A.
 管理料が上がったぐらいでは、家主は管理会社を変更しない傾向にあるようです。管理会社との信頼関係にヒビが入って初めて変更を検討することが多いと考えると、中古物件は何らかのトラブルを抱えていると思ってよいでしょう。