賃貸アパートの新築時、管理会社は近隣に挨拶してまわるべきですか
質問者:
Jul.19.7
Q.
 新築賃貸アパートの管理を受託したところ、火災の誤通報等の悪質なイタズラが多くて困りました。この物件は建築時から近隣の反対があったそうで、近所の人に良く思われていないらしいと分かったため、「このたび管理を受託しました。しっかりやりますので宜しくお願いします」と当社が近隣に挨拶してまわったところイタズラがなくなったのですが、管理受託時は近隣挨拶までするべきでしょうか。
A.
 建築時は通常、建築会社が近隣に挨拶すると思います。管理会社も、できるだけ近隣に挨拶をするべきでしょう。
 以下、各社の事例・意見です。
●ゴミの分別など近隣とのトラブルが発生することもありますから、管理を受託したときは近隣に挨拶しています。挨拶でトラブルを解決できることもあります。
●建築時から関わっているときは近隣に挨拶しますが、管理を受託したというだけでは、そこまでしません。
●この事例のように、近隣に歓迎されていない物件だと分かったときは、挨拶に行った方がよいと思います。
●ゴミ捨て場が近隣と共用の物件では挨拶に行ったことがあります。しかし、挨拶に行った先で「全入居者から町会費を集めてほしい」等を要望されて大変な思いをしました。