貸主ではなく管理会社への更新料支払いは契約書にどう表記しますか
質問者:
Jul.19.7
Q.
 更新料の支払いについて、借主との契約書に「更新料を甲に1か月分支払う」としていますが、実際に更新料をもらっているのは甲(家主)ではなく、当社です。家主は契約書の表記を変えてほしいと言うのですが、可能でしょうか。つまり「甲の代理人に支払う」という表記に変えても有効となるのでしょうか。
A.
 管理会社に対して更新料を支払うことを契約書上明記しても、更新料の支払方法を定めただけですから有効です。
 ただし賃貸借契約書は貸主と借主の権利義務を定めるものですから、賃貸借契約では家主が更新料を受領する旨を約定し、家主と管理会社間の管理委託契約書において管理会社が更新事務手数料を受領するよう取り決めるとよいでしょう。