部屋で死亡事故が起きたときリフォーム以外に行うべき対処とは
質問者:
Jul.23.7
Q.
 死亡事故があったときリフォームは当然行いますが、ほかに行うべき対処はありますか。
A.
 以下、各社の事例・意見です。
●内装を完全にリフォームし、お祓いしています(お祓いしているところは写真に撮る)。他の借主には死亡事故があった旨と「お祓いするので安心してください」と通知しています。死亡事故があったと後から知られると「隠していたな」等のクレームになるためです。
●内装を完全にリフォームし、お祓いしています。他の借主への告知はしませんが、マスコミに騒がれるような大きな事件のときは「報道機関の過剰な取材でお困りの場合は当社にご連絡ください」といった貼り紙をしています。自殺があったと他の借主に告知するのは、遺族のプライバシーの問題があるように感じます。
●内装を完全にリフォーム。お祓いや他の借主への告知は行っていません。
●内装を完全にリフォームし、お祓いしています(お祓いしているところは写真に撮る)。他の入居者には死亡事故があった旨とお祓いの日時のほか、「気になる方はお祓いに立ち会ってください」と告知しています。