騒音対策の重要性と方法
質問者:
Jul.23.7
Q.
 そのマンションは隣室の話し声がよく聞こえ、上下階の響きも大きく、新規の借主が3日で解約してしまいました。その他、上下階や隣人同士がよくもめているため、家主に、空室のところからクッションフロアー(吸音性のもの)を敷いてもらっています。上下階の音は若干よくなると思いますが、隣室の音については壁紙を二重にするよう提案しているものの、なかなか納得してもらえません。
A.
 建物に問題がある場合は、ある程度の費用がかかっても防音対策が必要です。毎回問題が発生し、退去が繰り返されることになると、結果として家主の不利益になる旨を説明するとよいでしょう。