設備不具合による賃料減額の目安は
質問者:
Jul.19.7
Q.
 修理まで時間がかかった場合、何日もエアコンを使えなかった、風呂に入れなかった等の理由で、家賃を支払おうとしない借主がいます。修理会社の派遣等にこちらの落ち度があったときはある程度の家賃減額も仕方ないと思いますが、どの程度減額したらよろしいのでしょうか。
A.
 当協会のリスク・マネジメント研究会が取りまとめた「設備等の不具合による賃料減額のガイドライン」を以下に記載しますので参考にしてください(『賃貸住宅管理リスク・マネジメントマニュアル(平成16年10月)』掲載)。
 なお、これは判例等を基に貸主と借主が合意するための目安を示したものです。表の通り厳格に運用する場合は、契約書に記載する、別途合意書を交わす等により、借主の事前の合意を得ておいてください。