物件の地デジ対応費用は家主負担でしょうか
質問者:
Jul.23.7
Q.
 地デジ対応TVを買った借主から、地上デジタルTV放送を視聴できないとのクレームがありました。アンテナの改修等が必要なようですが、この費用は家主負担でしょうか。
A.
 重要事項説明や賃貸借契約等で借主にデジタル放送への対応を約束しておらず、期待もさせていなければ、現時点では、家主にアンテナ改修等を行う法的な義務はないと考えられます。民法606条により家主は「賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務」を負っていますが、現時点では、デジタル放送の視聴は使用・収益に必要とまでいえないと考えられます。しかし、すでに多くのエリアでデジタル放送が受信できるのですから、法的な義務はともかく、賃貸経営の観点から速やかな対応が望まれます。
 実務的に一番収まりが良いのは、アンテナの改修や交換等の費用を家主に負担してもらうことです。工務店等に相談して交換、改修等の費用を把握し、家主に早期の対応を促すようお勧めします。