知らぬ間に居室内の便器に傷ができていた
質問者:
Sep.23.9
Q.
 借主が夜、部屋に帰ってきたら便器(床と接している部分)が欠けていたのですが、人が入った形跡はなかったそうです。翌日借主より連絡が入り、警察に見てもらうよう返答しましたが、やはり誰も入っていなかったようです。
 後日、家主・借主・当社で現場を見て、取り敢えず修理することになりました。この場合誰が費用を負担するのでしょうか。物件は築2年。借主が出かける前は、便器は壊れていなかったらしいです。
A.
 自然損耗は家主負担が原則です。便器が自然に割れることもあるようです。このケースは築年数が浅いようなので施行会社に交渉できるかもしれません。